製品情報
概要
システムラインナップ
ハードウェア
MEDプローブ
ソフトウェア
アプリケーション
概要


電気生理を幅広く、簡単&スピーディーに!
新アンプ導入により更に高速化が実現!




MED64システムは1997年に世界で初めて商業製品化されたin vitro 多点平面電極(マルチエレクトロード・アレイ)システムです。この新システムにより、ガラス電極を用いた従来の計測法では非常に難しかった電気生理実験が身近なものになりました。さらに、MED64システム固有の低インピーダンス電極により、電気生理実験未経験者でも簡単に高品質な細胞外電位の計測・解析が行えます。

※詳細は総合カタログ活用事例集をご参照ください。


平面微小電極による計測(ガラス電極操作不要)

  • 64個の平面微小電極がパターニングされたMEDプローブ上に試料を載せて細胞外電位(電場電位)を計測します。
  • 64個いずれの電極からも電流刺激を印加できます(同時最大2電極)。刺激電極の切替はソフトウェアで行います。記録・刺激ともに難しい電極操作は不要です。

低ノイズ・高S/N比
  • 平面微小電極のインピーダンスは実力値7-10 kΩ(1 kHz, 50 mV正弦波印加時)で市場最小を誇ります。この低インピーダンス電極により、本製品は外来ノイズの影響を受けにくくなっています。そのため、シールド、防振台等の特別な実験設備を必要とせず、実験机の上に設置できます。ノイズ除去に煩わされず安定した状態で計測が行えます。
  • 低ノイズにより高いS/N比が得られます。 加算平均等の処理を行わずに高品質なデータが収集でき、高いデータ再現性が得られます。急性組織切片からの小さな応答や未成熟な幹細胞由来分化細胞の微弱応答も簡単・確実に計測できます。

長期測定
  • MEDプローブは培養皿として使用できます。プローブ上で直接、細胞・組織等を培養できます。
  • 細胞に電極を刺入しないため、細胞を傷つけません。安定した状態を保ちながら数週間から数か月に渡って計測できます。
  • 試料を100%湿度のインキュベーター内で管理しながら計測でき、データに影響を与える温度変化やpH変化を抑えることがでます。数か月に渡る慢性評価にも最適です。

充実したアプリケーション
  • 急性組織切片(スライス)・器官培養・分散培養のいずれにも対応できます。
  • 低インピーダンス電極により、10 kHzの高周波から0.1 Hzの低周波まで様々な細胞外電位を計測できます。
  • 白金黒素材の電極は刺激効率に優れ、電流刺激に最適です。 低い電流値でもきれいな応答を誘発できます。また、200 μA程度の大電流刺激も行えます。

Mobiusによるオンライン解析
  • MED64システム専用ソフトウェアMobius(米国WitWerx社製)により、全64電極でのデータ収集とオンライン解析が行えます。