製品情報
概要
システムラインナップ
ハードウェア
MEDプローブ
ソフトウェア
アプリケーション
ソフトウェア

Mobius
Mobius Offline Toolkit



Mobius
  • シンプル&ユーザーフレンドリーをコンセプトとした、MED64システム専用のオペレーションソフトウェアです。
  • モジュールの組合せにより、実験プロトコールの設定から記録、オンライン/オフライン解析、ファイル出力まで簡単に操作できます。
  • 基本的な実験ワークフローをテンプレートとして用意しています。初めての方でも安心してすぐに実験に取り組めます。
  • 誘発応答波形解析、スパイク検出・頻度算出、FPD延長評価、拍動数算出等、様々な解析が行えます。
  • オンライン/オフラインで解析結果のドーズ・レスポンス・カーブを作成できます。
  • 充実したデジタルフィルターにより、高精度な解析が行えます。
  • 様々なモジュールで構成されており、必要な解析モジュールのみをパッケージとして利用できます。

Mobius EP[MED-MS64MR11]
  • データ収録・刺激条件を設定して、自発活動や誘発応答(evoked potential, EP)を記録し、オンライン/オフライン解析が行えます。
  • 誘発応答波形の振幅、傾き、面積等を算出し、タイムチャートを作成できます。
  • 算出値の区間平均値および標準偏差をグラフ化し、ドーズ・レスポンス・カーブも作成できます。
  • シングルパルス・ペアードパルスを始め、高頻回刺激(シータバースト/テタヌス等)や低頻回刺激等、複雑な刺激パターンも任意に設定できます。
  • 原波形はバイナリーまたはアスキー(CSV)形式で、各チャートはアスキー(CSV)形式でファイル出力できます。




Mobius Spike Sorter with stim[MED-MS64MR13]
  • データ収録・刺激条件を設定して、自発活動や誘発応答(evoked potential, EP)を記録し、オンライン/オフライン解析が行えます。
  • 各chごとに設定した閾値を超えた信号を“スパイク”として検出し、波形の近似に基づいてソーティングが行えます。
  • スパイク頻度を算出し、オンライン/オフラインでタイムチャートを作成できます
  • 原波形はバイナリーまたはアスキー(CSV)形式で、スパイクの1)タイムスタンプ、2)原波形、3)頻度をアスキー(CSV)形式でファイル出力できます。
  • 原波形を収録せずにスパイクのみをファイル出力できるため、PCのディスク容量を気にせずに数か月にわたる長期計測も行えます。




Mobius QT with stim[MED-MS64MR22]
  • データ収録・刺激条件を設定して、自発活動や誘発応答(evoked potential, EP)を記録し、オンライン/オフライン解析が行えます。
  • オンラインで1拍ごとの電場電位の検出、拍動間隔/BPM算出、FPD延長評価等が行えます。
  • 算出値の区間平均値および標準偏差をグラフ化し、ドーズ・レスポンス・カーブも作成できます。
  • 原波形はバイナリーまたはアスキー(CSV)形式で、各チャートはアスキー(CSV)形式でファイル出力できます。




Mobius Offline Toolkit
  • オフライン解析専用のソフトウェアです。
  • Mobiusでファイル出力したスパイクのタイムスタンプ情報を元に、単一細胞活動由来のバースト、または複数細胞同期発火による集合バーストを評価できます。
  • Mobius Spike Sorter、またはMobius Spiker Sorter with stim使用ユーザーを対象に配布を行っております。ご依頼はお問い合せにお寄せください。